運動でALTを下げられる!

運動編

運動不足と脂肪増加の関係
運動の不足で脂肪が増えていく原因はシンプルで、摂取したエネルギーが消費しきれず、余分な脂肪として蓄積していくためです。
また、運動不足により基礎的な筋力や代謝も落ちていくことも原因の一つといえます。

脂肪を燃焼させるための運動のポイントと解説
ジムやプールに通う時間もとれない…そんな忙しい人が効率よく脂肪を減らすことができる運動法はウォーキングがおすすめです。
余分な脂肪をためずに消費させる運動量は、1日に1万歩歩く程度と言われています。
現代の日本では、この1日1万歩を意識せずに達成することは非常に難しいノルマです。
しかし、意識して歩く機会を増やすことで徐々に達成できる日も増えていくので、脂肪を減らす!という意識と根気が大切です。

運動による脂肪燃焼を促進させる食べ物とその働き

・酸っぱい柑橘類
梅干しやグレープフルーツ、レモンなどに含まれるクエン酸がキーポイントとなります。
クエン酸は疲労回復とエネルギーの補給に優れています。
エネルギーを燃やしたいのに、エネルギーを補給するの?と思うかもしれませんね。
クエン酸の注意点はここで、疲労を感じていないときに摂ってしまうと過剰なエネルギーの補給になってしまうこともあります。
ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動と組み合わせることで疲れを感じにくくし、運動効果を高める効果があります。

脂肪を吸収しにくくし、運動効果を高める食べ物についてもわかりましたが、問題は必要な量を効果的なタイミングで、十分な効果を得られるように摂取するのが難しいことです。
そこで活躍するのが、成分のバランスや成分の効果的な組み合わせを研究して作られたサプリメントの活用です。

 

未分類

Posted by nmakr