脂肪肝の種類と原因

数値を高くする脂肪肝について

アルコール性脂肪肝を招く原因について
アルコール性の脂肪肝の場合、原因の最たるものはお酒の飲み過ぎです。
脂肪肝の原因となる過剰な糖質、脂質の蓄積に関してですが、実はお酒には脂質が含まれていません。
ではなぜお酒が脂肪肝の原因となるのか?
それはアルコール自体が私たちの体にとって毒性のあるものだからです。
体内にとり込まれたアルコールは肝臓の働きによって代謝されますが、このとき強い毒性が肝臓に大きな負担をかけてしまい、食べ物から摂取した脂質を代謝する余力をなくしてしまうのです。
そして代謝しきれなかった脂質が蓄積していき、脂肪がたまりやすい体になっていくというわけです。



非アルコール性脂肪肝を招く原因について
脂肪肝のうち、アルコールを発症の原因としないものを非アルコール性脂肪肝と言います。
こちらは食事からの脂質や糖質のとり過ぎを原因とし、外食や偏った食事の内容が多い人、また暴飲暴食の傾向がある人の発症リスクが高くなっています。
また、極端な食事制限などもリスクを高める原因とされています。
具体的に言えば、油や糖質を一切とらないダイエットなどのことです。
脂質や糖質のとり過ぎが原因なのに、減らしても脂肪肝になるの?と驚くかもしれませんが、体にとって必要な分の脂質・糖質までカットすると、体は機能を維持するために必死になって脂肪を集めるようになるのです。

 

未分類

Posted by nmakr